コーディング代行作業の一連の流れ

コーディング代行作業の一連の流れ

コーディング代行作業の一連の流れ ホームページのコーディングを外部の専門業者に依頼する場合、その流れを掴んでおくとスムーズに進みます。特にコーディング代行の依頼が初めての方は、一通りの工程の確認をオススメします。それぞれの業者によってサービス内容は異なりますが、大まかな流れは次のようになっています。

まずは問い合わせと見積もりです。問い合わせについては、電話やWeb上のメールフォームなどで行います。問い合わせ後、業者の担当スタッフより折り返しの連絡がありますので対応してください。その際に、見積もりも一緒にするところもあります。また、見積もり作成のために、コーディング対象になるページ確認を行う業者もあるようです。

次に入稿です。専門業者が提示した見積もりや金額、納期日などに納得できたら、必要な素材などを入稿します。ここではデザインデータが必要になりますが、業者によってはその他の素材が必要になることもあります。

最後はコーディングと確認です。デザインデータの確認が終わると、いよいよコーディング作業が始まります。作業中は、依頼者があらかじめ指定したサーバーや、業者の専用ページにアップロードして確認してもらいます。その後、校正があれば修正して、最後に依頼者が確認して終了します。以上がコーディング代行の一連の流れになります。

お知らせ

  • [2018年10月03日]
    ホームページを更新しました。

  • [2018年10月03日]
    運営者情報を追加しました。